2011年4月29日金曜日

ゴア・ヴィダル、吠える


ゴア・ヴィダルは4月27日からカナダのモントリオールで開催されているブルー・メトロポリス文学祭に出演している。モントリオール・ミラー誌はこれに先立ちヴィダルにインタビューを敢行した。以下はそのインタビューの抜粋である。なお、日本人が関心を持たないであろう部分は翻訳していない。また、一部「超訳」しているので、あしからず。
ゴア・ヴィダルがオバマ、サラ・ペイリン、同性結婚について語る必読のインタビューである。

ヴィダルの『都市と柱』が1948年に出版された時、22歳の著者(川本注・ヴィダルが『都市と柱』を出版したのは23歳。執筆したのは21歳。誤りである)はその年のアメリカの文壇で注目を浚った。この小説は同性愛のロマンスを肯定的に主題にしたものである。影響は長きにわたり、ニューヨーク・タイムズはホモセクシュアルの描写を理由に、彼の続く5冊の本の書評を拒否した。

ヴィダルはしばしば、アメリカ政界のエスタブリッシュメントに攻撃を仕掛けるなど、興味深い議論を続けている。右派は長い間、彼を憎悪してきた。彼とウィリアム・F・バックレーは1960年代から1970年代にかけて議論し続けてきた。しかし、彼の議論の相手はバックレーに留まらない。ヴィダルは公的な場でノーマン・メイラー、トルーマン・カポーティと口論し、最近ではエドマンド・ホワイトとやりあっている。

ヴィダルは特に共和党に批判的だが、時々奇妙な政治的問題も引き起こす。彼はティモシー・マクベイ(オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件の主犯。テロリストとして2001年に処刑)と多くの手紙をやり取りした。

ヴィダルは現在84歳(川本注・誤り。ヴィダルは1925年10月3日生まれ。85歳)、今年のブルー・メトロポリス文学祭にゲストとして招かれている。ミラーは彼をロサンジェルスの自宅でインタビューした。

ミラー:オバマのやったことについてどう思われます?
ヴィダル:多くの誤解がある。オバマは防衛のために多くの兵器を持つ必要はないと強く感じているんだ。彼は学ぶことを止めないし、それは良いことだ。例をあげればウッドロウ・ウィルソンだが、もし我々の大統領たちが学び、行動していればなお良かったんだが。急進的に物事を進めると騒動になるものさ。

ミラー:オバマには会ったことがありますか?
ヴィダル:オバマには会ったことがない。ありがたいことに、私はうんざりするほど大統領たちと会っているのでね。

ミラー:米国はファシスト独裁に向かっていると言いましたよね?
ヴィダル:そんなことを言った覚えはない! 私は可能性について話しただけだ。我々は真面目な問題について真面目に話している。もっと真面目に話せ。

ミラー:9.11以来、愛国心が叫ばれているため、検閲がマッカーシズムの時代より酷くなったと言われています。
ヴィダル:両者に関係があるとは思えない。しかし、人間はいつも似たようなことをやるものだ。保守派も「人間」だからね。

ミラー:あなたは民主党と共和党に違いはないと言いましたよね。
ヴィダル:そう思うかい? 君がそう思っているだけだ。

ミラー:あなたはブッシュをアメリカで最も馬鹿な人間だと言いましたよね?
ヴィダル:そんなことを言った覚えはない。私は彼が最も馬鹿な大統領だといったんだ。馬鹿なアメリカ人なら他に幾らでもいる。

ミラー:サラ・ペイリンについてどう思われます?
ヴィダル:あんなやつはどうでもいい。彼女は野蛮なアラスカからやってきた。私はアラスカで長い間従軍経験があるんだが、あんなド田舎を礼賛する気になるものか。全てがデタラメに見えたよ。

ミラー:ペイリンは大統領になれると思いますか?
ヴィダル:そうだね、ローマの没落を知っているだろう。激変する状況は全てを可能にしてしまう。

ミラー:同性婚についてどう思われますか?
ヴィダル:あまり興味がない。「妻」やら「夫」やら「独身者」と呼ばれるのに何の違いがある? この問題について興味を持てと言われても非常に難しいな。

ミラー:Facebookはやっておられますか?
ヴィダル:ああ、そんなものやっているわけないだろう! 私は11歳の餓鬼じゃない!(川本注・ヴィダルはPCを所有しているものの、ハワード・オースティン――ヴィダルの恋人。2003年没)――存命中は彼に操作を任せていた。現在は秘書に任せているらしい。依然としてヴィダルは執筆を手書きとタイプライターで行っている)

ミラー:若い作家たちにアドバイスをお願いします。
ヴィダル:いかにして読むか学びなさい。

ミラー:あなたは(テロリストの)ティモシー・マクベイを愛国者と呼びました。後悔はしていませんか?
ヴィダル:後悔などするものか。私が彼のことを語る前に、君は彼のことを知っていたのか? つまり、私はアメリカ人だが、自分のベストを尽くす。
 Gaga for Gore 

0 件のコメント:

コメントを投稿