2012年2月20日月曜日

書評:Eminent Outlaws: The Gay Writers Who Changed America

クリストファー・ブラムによるEminent Outlaws: The Gay Writers Who Changed Americaがアメリカで出版され、大きな話題を呼んでいる。
この本は戦後から21世紀の現在に至るまでのアメリカのゲイ作家を取り上げ、ブラムが「ゲイ革命は文学によって始まった」と書いているとおり、それを見事に証明した著作だ。

ブラムが取り上げた主な作家はゴア・ヴィダル、トルーマン・カポーティ、テネシー・ウィリアムズ、ジェームス・ボールドウィン、クリストファー・イシャウッド(英作家だが、後半生はほとんどアメリカ在住)、アレン・ギンズバーグ、エドマンド・ホワイト、アミステッド・モーピンら。他にも若く、現在進行形の小説家もほとんどカバーしている。何故か、ウィリアム・バロウズについてはほとんど言及していないのが気に掛かるところだが。

私は最初ゴア・ヴィダルについて言及しているという理由だけで購入して読み始めたのだが、ブラムは索引に載っていない部分でもヴィダルについて言及しまくるので、結局通読する羽目になった。

第一章の書き出しからこの有様だ。
「長崎に二つ目の原子爆弾が投下されたことによって戦争が終わり、19歳だったユージーン・ゴア・ヴィダルはニューヨークへ帰ってきた」。
ブラムは1948年をアメリカゲイ文学の出発点と位置付けている。
何故ならば、ゴア・ヴィダルのアメリカ文学史上初同性愛を正面切って肯定した『都市と柱』が最初に刊行され、トルーマン・カポーティの慎重に隠されたものの、やはり同性愛をテーマにした『遠い声 遠い部屋』が続き、駄目押しのように『キンゼイ報告』が出版されたからだ。

以降、年代を追ってこの評論は進むのだが、ほとんどのゲイ作家と友人であり、彼らについてエッセイを書きまくったヴィダルが完全に中心になり、この著作のほとんどで言及されている。
しかし、ブラムはヴィダルがゲイ文学に果たした大きな役割を認めながら、決して過大評価することなく、『都市と柱』については「1948年(初版)より1965年(改訂版)の方がヴィダルは遥かに良い作家になった」、「『都市と柱』以来、『マイラ』に至るまで彼は失敗作を生み出し続けた」と仮借ない筆を振るっている。ブラムが個人的に最も評価するヴィダルの小説はなんとゲイについてほとんど触れていない――一人だけゲイの登場人物が出て来るが、完全な脇役だ――歴史小説『アーロン・バアの英雄的生涯』。
ブラムはヴィダルが三人称より一人称を得意とすることを指摘している。
何故ならば、彼の代表作、Julian、『マイラ』、『アーロン・バアの英雄的生涯』及びエッセイは全て一人称で書かれているからだ。
私はブラムに先駆けて、昨年のインタビューで同様のことをヴィダルにぶつけたのだ。しかし、ヴィダルは「私が三人称より一人称の方が得意? それは朝起きて後ろをかくか、前をかくか、と似たような質問に過ぎない(笑)」といなしただけだったが、先程ジェイ・パリーニ――ヴィダルの文学的遺言人――とのインタビューを参照したところ、同様の質問をぶつけたパリーニにヴィダルは「イエス」と答えている。どういうことだ。

ブラムはどうやら純粋な小説家としてはカポーティやボールドウィンをヴィダルの上に置いているようだが、ヴィダルは小説以外にもインタビューで同性愛の話題についてあっけらかんと答え――例えば、54年間ずっと連れ添ったハワード・オースティンとの二人の関係は完全にノーセックスであり、キスすら一度もしたことがなく、それが関係を続けるうえでのコツだったことを答えたり――、ヴィダルの私生活に迫り、彼が「愛」を信じてないこと、セックスする際は男女問わずキスは絶対にしないこと。そのことで関係も持った女性に「あなたって最低の男よ。あなたのセックスはピカソみたい」と言われたのに対し、ヴィダルは「そうかい? じゃあ、僕はきっとピカソのような天才なんだろうな」と見事な切り返しをしたことなどを網羅、テレビで保守派の論客ウィリアム・F・バックリー・Jrと行った激しい論戦を完全再現したり――ヴィダル「お前はナチだ」バックリー「いいか、このオカマ野郎。俺をナチと言うな。殴り飛ばすぞ!」ヴィダル「お前はナチだ」バックリー「俺はナチじゃない。従軍経験だってある愛国者だ」ヴィダル「いや、お前に従軍経験がないことを私は知っている。記録に残っている」バックリー「俺は従軍している!」ヴィダル「いや、お前は従軍してないよ」――、ガチガチのヘテロセクシュアルであり、マッチョ主義者且つホモフォビアのノーマン・メイラーやヴィダルをモデルに演劇を書いたエドマンド・ホワイトとの対立、1960年の下院議員戦、1982年の上院議員戦――セクシュアルマイノリティであることをカミングアウトしている人間がアメリカの国会議員に立候補したのは史上初。何れも僅差で落選――の大いなる意義を認め、エッセイPink Triangle and Yellow Starで同性愛者とユダヤ人が一緒にナチスによって強制収容所送りになって粛清されたことから、同性愛者とユダヤ人の連帯を呼び掛けたことを賞賛し、ジャック・ケルアックやアナイス・ニンとの情事まで詳細に書き、もうこの本のほとんどがヴィダル尽くしだ。
最終章はやはりヴィダルで締めくくられている。その理由をブラムは「戦後直後から現在まで活動し続けている作家はヴィダルのみで、彼はゲイ文学のゴッドファーザーだからだ」と語る。

そして、最終章でブラムはヴィダルがハワード・オースティンと死に別れる際の哀しいエピソードを克明に描く。癌にかかり、彼らが在住していたイタリアでは満足な治療が受けられなくなったオースティンは、ヴィダルと共にアメリカのホスピスに緊急入院。手術前、オースティンはヴィダルに「キスして」と言い、ヴィダルは53年間したことがなかった最初で最後の唇へのキスをする。そして、オースティンは手術が失敗して亡くなった。「キスして」がハワード・オースティンの最後の言葉になった。
ブラムはそれ以後、ヴィダルの機知が衰え、「彼はライバルのトルーマン・カポーティの再評価に落胆の色を隠せなかったうえ、昔のアイデアを延々繰り返すだけの存在になった」とまたもや容赦ない批判を加えるが、ヴィダルの衰えと共にアメリカのゲイ文学が終焉を迎え始めたことを示唆する。
ブラムはアメリカではゲイが大きな市民権を得るようになったため、ゲイ作家達の記念館――例えば、オスカー・ワイルド――やゲイ専門書店が次から次へと閉鎖されたり、閉店し、ゲイ文学はノーマルな文学に吸収され始めていることをその論拠としている。
ブラムはゲイ文学の意義を「君は人とは違うが、一人じゃない」「君は普通ではないが、誰も普通の人間など存在しない。普通なんて概念は存在しない」と訴えかけたことだと説く。

そして、「彼らEminent Outlaws(卓越したアウトローたち)はアメリカの歴史を書き換えることに成功した」という文章でこの研究書は終わっている。

非常に緻密な――しかし、調査のやり過ぎで些か作家達の性生活に踏み込み過ぎたきらいもあるが――リサーチの結果から生み出された良書と言える。

LGBT文学、ゲイ・スタディーズに関心のある人には必読の書だ。無論、それ以外の人にも。

追記:なお、この著作は英語圏のみならず、世界中で話題になり、中国まで書評とゴア・ヴィダルの紹介が飛び火している。

Eminent Outlawsに関する書評一覧(著者のブラムのインタビュー及び中国での書評を含む。なお、あまりにも莫大なネット書評が行われたため、全てを拾い上げることは出来なかったことをご了承下さい。あしからず)
http://www.nj.com/entertainment/arts/index.ssf/2012/02/qa_with_author_christopher_bra.html
http://www.statesman.com/life/books/eminent-outlaws-tracks-rise-of-gay-american-writers-2170141.html
http://www.edgeonthenet.com/entertainment/books/reviews/biography/129072/eminent_outlaws_-_the_gay_writers_who_changed_america
http://www.salon.com/2012/02/12/is_gay_literature_over/singleton/
http://paper.wenweipo.com/2012/02/16/OT1202160010.htm








2012年2月11日土曜日

ゴア・ヴィダルがキャサリン・ヘップバーンがレズビアンだったことを暴露

ゴア・ヴィダルがキャサリン・ヘップバーンがレズビアンだったことを暴露しました。
ヴィダルとヘプバーンは長きに渡る親友で、私とのインタビューでも自ら脚本を担当した『去年の夏 突然に』のキャサリン・ヘップバーンの演技を絶賛していました。
ヴィダルはハリウッド俳優をほとんど誉めないにもかかわらず、です。
ヘップバーンがバイセクシュアルであることは以前から知られていることで、Wikipediaにすら載っていますが、親友のヴィダルが言うと重みが違います。
ヴィダルによると「ヘップバーンは150人以上もの違う女性と関係した」とのこと。

ヴィダルはパンセクシュアル、ヘップバーンはレズビアンなので、仲が良かったのか、と腑に落ちました。ゲイでヴィダルの生涯に渡るライバル、トルーマン・カポーティもヘップバーンとは友人でしたし。ハリウッドにはLGBTによるネットワークがあることは以前から書籍やドキュメンタリー映画『セルロイド・クローゼット』などで知っていましたが、なるほどなあ。
Gore Vidal Confirms That Katharine Hepburn Was A Very Slutty Lesbian


2012年2月8日水曜日

書評:『ダルース』

ゴア・ヴィダルが自らの小説の中でもベストにあげる『ダルース』(Duluth)はブラック・ユーモアに満ち溢れた前衛的で複雑且つ錯綜した構造を持つ高度なメタフィクションである。
『ダルース』は1983年に発表された。『ダルース』とは当時流行っていたアメリカのテレビドラマ『ダラス』に当てつけたタイトルだ。ヴィダルは愛弟子であり、文学的遺言者――要はヴィダルの死後、遺言通りに全ての著作権を管理する役目を担う――のジェイ・パリーニ(映画化もされた『終着駅―トルストイ最後の旅』の作者。小説家・伝記作家・批評家・詩人)とのインタビューで、雷鳴に打たれたようなひらめきによって一気に書き上げた小説は『マイラ』とこの『ダルース』だけだ、と語っている。
この小説はイタロ・カルヴィーノに「完全なまでにユニーク……ヴィダルはマスターだ」、ジェイ・マキナニーに「ヴィダルは大胆で先見性があるだけではなく、最高のエンターテイナーである」と絶賛され、ヴィダルを「小説家としては微妙」と評する若島正も『乱視読者の新冒険』で「戦後アメリカ小説の百冊」の中に入れている。ペンギン文庫のClassic, 20th-Century, Penguinにも収められた。
ダルースというダラスをその主要なモデルとした架空のアメリカの都市を舞台に物語は展開する。冒頭の文章はヴィダルの小説中でも白眉である。"Duluth! Love it or loathe it, you can never leave it or lose it." (「ダルース! 愛そうと憎もうと、君は決して去ることも失うこともできない」我ながら酷い訳なので、もし本格的に翻訳する時はもっとこなれた訳に改訂する)。
ダルースはアメリカの隠喩で、経済と文化の両面でアメリカを代表する大都市でありながら何故か石油を産出し、メキシコとの国境に位置しており、不気味な昆虫が生息する巨大な沼があることでも知られている。実際にアメリカに「ダルース」という街は存在するが、この小説とは無関係でもあることを知っておいて損はない。
冒頭でヒロイン二人は雪溜まりに車で突っ込み、いきなり死亡。片方はテレビの大人気ソープ・オペラ『ダルース』(『ダラス』にあてつけたもの)のキャラクターとして生まれ変わり、もう片方はハーレクイン・ロマンスを書いている女流作家の小説内の登場人物として転生し、現実のダルースでは人を全裸にして取り調べる(英語ではストリップ・サーチという)ことに執着する変態女警察官が主要登場人物になる。
一方、ただでさえメキシコから押し寄せる不法入国者に常に悩ませられている警察署の署長は、いきなり謎の宇宙船が不時着し、頭を抱える。そして、物語は壮絶な破局に向けて動き出す……。終局でダルースにカタストロフィが訪れた時、"Duluth! Loved.Loathed.Left.Lost."(「ダルース! 愛した。憎んだ。去った。失った」という冒頭の文章の捩りを見事に持って来て、この小説は幕を閉じる。
概要を書いただけでもぶっ飛び過ぎていて、何が何やら読んだ人ではないとわからないだろう。
アメリカン・カルチャーをこれでもかとばかりに諷刺し、ブラック・ユーモア全開で抱腹絶倒の代物ではあるが、SF・パスティーシュ・パロディ・メタフィクションの手法を徹底的に使用し、毎章毎に視点が切り替わり、エピソードとエピソードを錯綜させる形式を用いているだけではなく、完全な口語体で書かれている――ヴィダルは「『ダルース』は完全な口語体で書いた。そういうのは日本人に受けないんだよ。」と私に語った――ので、これは翻訳するとなるとかなりの難物だ。ヴィダルは歴史小説『リンカーン』(本の友社)――ピューリッツアー賞の候補の打ち合わせの際、ほとんどの審査委員が『リンカーン』をノミネートさせるべく票を投じたが、一人の影響力だけが強い文壇政治屋のヘボ作家が「『リンカーン』は売れ過ぎているからピューリッツアー賞に相応しくない」という妬みから来る意味不明な主張を頑強に繰り返した結果、ノミネートから外され、ヴィダルは激怒した、とフレッド・カプランによるヴィダルの伝記には書いてある――が一番自分の著作の中で読まれていると考え、イギリスの全ての図書館に自作で最も貸出が多い作品はどれか問い合わせたところ、『ダルース』がダントツで一位だったため、驚愕した――『ダルース』はほとんど宣伝が行われないまま出版されたので、"Julian"で小説家として復帰後は小説を発表する度に100万部越えは軽いヴィダルにとっては全くと言っていいほど売れなかった作品だった――と序文で語っている。















2012年2月5日日曜日

東京都荒川区西日暮里三河島には『マイラ』というバーがある

一昨日、柳下毅一郎先生が発見しました。画像は柳下毅一郎先生が撮影したものです。
ゴア・ヴィダルの代表作『マイラ』からとられたものかは謎ですが、ちょうど今さっき、ゴア・ヴィダルに「来年の『マイラ』のミュージカル化を宣伝しておきましたよ。ブロードウェイでのThe Best Manのリバイバルの準備はどうですか? 教えて下さい。また、何か最新情報がありましたら、全て教えて下さい。日本で宣伝しておきます」とメールしたので、ついでに伝えておきました。
今現在、ゴア・ヴィダルと秘書はThe Best Manのリバイバルの準備でニューヨークに飛んでおり、返信は遅いかもしれませんが、今暫く反応をお待ち下さい。

Gore Vidal's The Best Man
公式HPをご覧になればわかるとおり、超超豪華キャストで上演されています。

ゴア・ヴィダルへの批評を含む最新の研究書Eminent Outlaws出版される

ゴア・ヴィダルへの批評を含む最新の研究書が出版されました。
クリストファー・ブラムによるEminent Outlaws――The Gay Writers Who Changed America――です。
クリストファー・ブラムって何処かで聞いたことのある名前だな、と思ったら、ゲイ小説『天使クレアの思い出に』の作者でした。
URLを見ればわかりますが、表紙カバーではヴィダルの写真が一番大きいですね。他にはトルーマン・カポーティ、テネシー・ウィリアムズ、ジェームズ・ボールドウィン、アレン・ギンズバーグなどが表紙を飾り、取り上げられています。邦訳多数のアーミステッド・モーピンも。アーミステッド・モーピンはずっと読みたいと思っていたので、この際だから全邦訳を読んでしまおうと思っています。
しかし、この研究書は面白そうですね。ゲイ・スタディーズに興味のある人には必読の書かと。
Amazonにて既に注文しましたが、到着まで1~3週間かかるので、暫しお待ちを。
読了次第、書評を本BlogにUPします。
How gay writers drove revolution

2012年2月3日金曜日

【特ダネ】ゴア・ヴィダルの代表作『マイラ』が来年ミュージカル化!

ゴア・ヴィダルから再びメール返信が来ました。
なんとゴア・ヴィダルの代表作にして世界で最も売れた性転換小説『マイラ』が来年ミュージカル化されます!
まだ何処のメディアにも流れていない最新情報の特ダネです!

しかし、演劇『ある小惑星への訪問』(映画化された邦題は『底抜け宇宙旅行』。ジェリー・ルイス主演。演劇版もSFマガジンのバックナンバーに浅倉久志氏による邦訳あり)のリバイバルが去年。
同じく演劇での代表作The Best Manのブロードウェイでの超豪華キャスト(ジェームズ・アール・ジョーンズ、キャンディス・バーゲンら何故か演劇というよりハリウッドの有名映画俳優でキャストは固められています)による大々的リバイバルが準備されており、どうも小説家や評論家としての活動より、劇作家としての活動が顕著になってきたような(笑)。
リバイバルにあたっては必ず時流に合わせてリライトするのがヴィダルの流儀ですし。

The Best Manに関するニュースはこちら。

ただ、質問した健康状態については答えてくれなかった(笑)。
まあ、これだけメールも返せて、公式HPも定期的に更新出来るんだから元気なんでしょう(笑)。

2012年2月2日木曜日

久しぶりにゴア・ヴィダルとメール

今朝、ゴア・ヴィダルに久々にメールしました。
自宅の電話番号はもちろん知っているのですが、国際電話となると料金が高いし、 英会話はあまり得意じゃないのでメールで。
即座に秘書からメールが返って来ました。ヴィダルはPCが使えないので口述です。

以下、内容を簡単にまとめておきます。

「親愛なるミスター・ゴア・ヴィダル。お久しぶりです。昨年インタビューさせて戴いた日本のジャーナリスト、川本直です。お話を伺えて大変光栄でした。私が書いたヴィダル氏の記事は日本でかなり反響を呼びました。映画雑誌『映画秘宝』、文芸誌『新潮』に記事を書いたのですが、前者が特に好評で、『映画秘宝』の「お願いしたい(※抱かれたいという意味です)男優」のランキングになんとあなたが食い込みましたよ。ヴィダル氏原作の映画『マイラ ――むかし、マイラは男だった――』のDVDの評価も上々です」
ヴィダル「直、そのことを君から聞けて嬉しく思う。他に何か聞きたいことがあったら、何でも答える。君とのインタビューでサポートを務めた人は何をしているかね? ありがとう、直」 
ヴィダル(続けざまにもう1通来ました)「直、確か君のサポートをした女性は山口久美子と言ったね。彼女はどうしている? 教えてくれ」
ヴィダル(更にもう1通)「直、何か私の小説かエッセイで日本で翻訳される予定のものがないか知りたい」
「返信ありがとうございます。山口久美子さんはとても忙しく、仕事で世界中を飛び回っています。以前、柳下毅一郎氏――日本で著名な翻訳家です――が、ヴィダル氏の回想録Palimpsestを翻訳したいとおっしゃっていたのですが、残念ながら氏は超多忙です。私もPalimpsestDuluthJulianUnited States: essays 1952–1992もしくはThe Judgment of Paris.を翻訳したいとずっと考えていたのですが、私も仕事を抱えていて多忙です。2、3年お待ち下さい。申し訳ありません。それと良いニュースがありますよ! 若島正教授――日本で著名な英文学者・翻訳家です――がその著書『乱視読者の新冒険』の中でヴィダル氏を「アメリカ最後の文士」と誉め讃え、DuluthUnited States: essays 1952–1992を高く評価しています。もしかしたら彼ならあなたの作品を翻訳してくれるかもしれません。HPとEmailが京都大学のサイトに載っていたのでここにご連絡してみては如何でしょうか? (連絡先を貼りました) 追伸・健康状態の方は如何でしょうか? ご高齢なので大変心配しております」

大体、こんな感じでした。多分、また返事が返って来ると思いますので、その時は再びご報告致します。


ゴア・ヴィダル、公式HPに質問コーナーを設置

ゴア・ヴィダルが公式HPに質問コーナーを設置しました。

http://www.gorevidalnow.com/askgore/

Mr. Vidal welcomes questions on virtually any topic. To send a question:

だそうです。

「どんな質問にも答えるよ!」ということですね。

ヴィダルは英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語が出来るので、世界中から質問が集まってくるでしょう。

ヴィダルはファンレターには全て返事を書くことで有名なので、返事は必ず来ると思います。

また、ヴィダルは日本語も少し出来るので――彼には(自己検閲。何故日本語に長じているかはヴィダルの死後、書きます)、小説『ライブ・フロム・ゴルゴタ』の末尾は自らによる日本語です。かなりちゃんとした日本語でした――皆さんも気軽に質問しては如何?